姫物語

大切な人と車と西武ライオンズとチワワとの平凡だけど幸せな姫の生活。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい現実

最近、とっても涙しました。

あるブログで毎日処分されてる犬達の現実を読みました。

そう、「飼えなくなったから処分してもらおう」のこと。

狭い檻や箱に入れられて、怯える子達。
これから処分されると知ってか知らずか、寄ってくる子達。
もしかしたら、精一杯の助けを自分達を捨てた人間に
求めているのかもしれません。

その子達の写真を見る限り、とっても純粋で綺麗な瞳。
今まで私たち人間と生活して幸せだったのに、
人間の自分勝手とワガママで処分所に連れて来られた子達。
そんな瞳でまだ人間を見つめてくれるの?
まだ、人間を信じてくれているの?

そんな気持ちになりました。

冷たい地べたにうずくまり…
怯える子の瞳が頭から離れません。
一方は壁、一方はカズ部屋。

この世に必要とされて生まれてきた子達の最後が、
最後に歩いた道が、
暗く狭い道で、どんなに怖かったことだろう。
どんな思いだったのだろう。
それを考えると涙が止まりません。

写真を見るとガス部屋までの道にウンチが落ちています。
きっと、怖くて怖くて心細くて我慢できなくて
出てしまったのでしょう。

ガス部屋に入れられ処分された子達はそのまま地下の焼却炉へ
床が開いて落とされるそうです。


ガス部屋に入れられた子達は
これから何が起こるのだろうと動揺してる子、
恐怖に怯え小さく丸くなってる子、
それでもまだ私たち人間を信じてこっちへシッポを振っている子。

さまざまのようでした。

ガスか注入されると
いきなり空気がなくなり息が出来ないことに驚いているかのように
飛びはね、苦しみ、のた打ち回っていたようです。
激しい痙攣。

次々と倒れ始め、痙攣もだんだん弱弱しくなっていったそうです。

数分して職員の方が
『このくらいになると意識はなく体だけの反応です』と
言ったそうです。

…あなた、処分されたことがあるの?
本当に意識はなく苦しくないの?
誰に聞いたの?この子達に聞いたの?

何が『安楽死』だよ。
どこが『安楽』なんだよ。
とても怒りを覚えました。

人間が人間の勝ってで買って来て、いらなくなったから
捨てる…
処分に持ち込んだ人達、持ち込まなくても、
外に放置し捨てた人達。
あなたに子供がいてその子供が邪魔になったから
捨てるんですか?処分するんですか?

犬、…動物も同じなんです。
みんな意味を持って生まれてきている。

今じゃ、MIX犬が流行っていますが、
生まれてみたら可愛くないから、売れないからと言って
処分する繁殖家、ブリーダーも居てるようです。

その子の一生を背負えないならば、家族に迎えない。
人間の勝手に繁殖させない。

コレを読んで、
「じゃぁ、アンタが全部引き取ればいいじゃない」って
言われるかもしれません。
でも、それが出来ないからそうなる前にやめたいと
やめて欲しいと思います。

処分の方法を改善する署名運動があるそうです。
せめて苦しまずに…
せめて、本当の安らかな永眠を…
私も署名を集めることにします。

PAW CHUMS(4本足の仲間たち)を読んで下さい。
写真も動画もあります。

今までに処分したことがある人達へ。
一度でいい処分される現実を見てください。
その目で確かめて下さい。

処分されていった子達のためにも、
その子達の死をムダにしないためにも、
私は今私のそばに居てる子達を精一杯愛してあげようと思います。

飽きたから。
もういらないから。
大きくなったら世話が大変になったから。

だから、捨てる。
だから、保健所に持ち込む。

その子達に何の罪もないのに、今から殺されるんです。
人間を飼い主を心から信頼しているのに。
その飼い主に殺されるんです。


家族に迎える前に、
捨てる前に、
もう一度だけ、踏みとどまって考え直してください。

家族に迎えようとしている人は、
本当の家族として、一生面倒が見られるのか。

捨てようとしている人は
その子との楽しい思い出。
どのようにしたらこのままその子と生活していけるのか。


人は殺したらいけないけど、
動物は殺してもいいのですか?
人も動物です。

私はこんな可愛い子達を自らの手で殺すことは出来ません。
20060521195422.jpg


少しでも多くの人にこの「苦痛死」の現実を知っていただきたかったのでここに書きました。

天国に行った子達へ

助けてあげられなくてごめんね。
悲しむばかりで何をしてあげられなくてごめんね。
せめて天国では幸せになってね。

あなた達のこと絶対忘れないから…
スポンサーサイト

コメント

No Subject

こんばんは。
記事を書いてくださってありがとうございました。
とても心に響くことばがいっぱいでした
本当にありがとうございます

No Subject

華ママ様>
こんばんわ(^^)
ちゃんと書けていますか???次は仔犬達のことを書きたいと思っています。
写真がないのでちゃんと読んでる人に伝わっているのか、少々不安でしたが、華ママさんにそう言っていただけて良かったです。もしよろしければ華ママさんのところもリンクさせていただけますか???
ボランティアや、華ママさんのように保護を引き受けてる方に少しでも多くの物資を寄付できれば…と思っています。

こんばんは^0^
コメントありがとうございました^0^
こちらのほうにメールを記入しましたので、そちらに一度お返事いただけますか?^0^
いただいたメールに住所を記載させていただきます^0^
本当に暖かいお気持ち、ありがとうございます^0^

華ママ様>
こんにちは(^^)
今日の午後から明日まで有休取りました♪
何かあの子達に送れる物探してみます☆
今、華ママさんにメールしました。
宜しくお願いします。

ありがとうございます^0^
後ほどメールさせていただきます^^

華ママ>
こんばんわ(^^)
メール無事、受け取りました。
ありがとうございます┏o ペコリ

姫さん・・・

こんばんは。ソラママです・・・
ただただ涙する事しかできない自分の無力さを感じてます。とりあえず、子供達にはこの事を話そうと思います。

毎年、市役所で、処分される前のワンちゃん達を撮影した写真展が開催されます。
姫さんと同じく、わんちゃん達の目を見て、毎回、切なくてたまらない何とも言えない気持ちになります。早く、この現実がなくなる日が来るといいですね。

今日、息子が青虫を育てていたのに、水のかけ過ぎで、死なせてしまいました。・・・で平気な様子の息子に切れてしまい、ベランタで絶叫した私です。
ソラも青虫も命あるのは同じだっていったら、息子は泣き出しました。

処分されたワンちゃん達が、今頃、お花畑を元気に走り回っている事を祈ります・・・・


昨日、華ママさんのブログとPAW CHUMS(4本足の仲間たち)と読みました。動画も見ました。気持ちが整理できず1日たってしまいました。

実は今まで数匹の犬を飼っていますが、その中で1匹のわんちゃんの処分をお願いしたことがあるんです。つまり、私は捨てる側の人間です。
その子はチャウチャウで、黒くてフサフサ。とても性格の良い賢い子で本当に大好きでした。
それが、いつのころか気が狂ったように凶暴になって手がつけられなくなり、散歩も十分にさせてあげられなくなっていました。
そしてある日突然、母が餌をあげる時、食いちぎられそうなくらいに噛み付かれて、腕に何針も縫う大怪我をしました。母の腕には大きな傷が出来ました。
当時は、それが発情期で起こってしまう問題行動だなんて知りませんでした。
小屋の前を通ると、家族にでも唸り暴れました。

「保健所にお願いするけど、死んじゃったことにしようね」

どうしようもありませんでした。
ただ子供心に、どうして?なんで噛むの?唸るの?って。
去勢が肝心だったって知ったのはつい最近のことです。

そしてこの事は家族の秘密になりました。
小学生の頃から私は、今の今まで、そうして隠して生きてきました。誰にも話したことはありません。思い出すととてもつらいのです。
去勢手術をきちんとしてあげればよかった。
手術=可哀相っていう思いが、逆効果になってしまったのです。本当に償いたい。ごめんなさい。

こんな私でも、そして誰にでも、どんな些細なことでも、やれることはきっとあるはず・・・。
悲しいくらい当たり前だけど、まずは自分の目の前にある命を大切にするということ。去勢をきちんと行うこと。

飼い主失格なのかもしれませんが、こうやって自分自身に向き合えた事、姫さんに感謝します。

ソラママ様>
こんばんわ(^^)お返事遅くなって申し訳ないです┏o ペコリ
私も初めて読んだとき、写真を動画を見たとき…涙が止まりませんでした。私はまだお子は居ませんが、私も将来ママになったらちゃんとこの現実を次の世代の子供達には伝えたいと思っています。まずはみんながこの現実を知り、理解していくことのように私は思います。少なくても私たちがこの子達のことを忘れなければ、天国で幸せに走り回ってると信じたいです。読んでくれて、コメントまでいただいてありがとうございました。
私は今、少しでも協力したいと、物資を集めて保護活動をしてる方や、処分を待つ子達に最後に少しでも楽に…と毛布など送りたいと思ってます。

omo様>
こんばんわ(^^)
まず、最後まで読んでくれてありがとうございます┏o ペコリ
そして、素直に秘密をここで話してくれて本当にありがとうございます。
決して許される行為ではありませんが、ここに書くこともきっといっぱいの勇気が必要だったと思います。omoさんは今はその勇気があるのだから、きっと大丈夫だと思います。責めても始まりません(^^)
知っていただいて、その子のことを一生忘れないで欲しいです。その子達が精一杯生きたことを絶対、忘れないで下さい。
コメント本当にありがとうございます。
このことを生かして、動物を家族に向かい入れる準備を怠らないで真剣に考えて欲しいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

◇かっちゃんとの記念日◇

プロフィール

姫

Author:姫
姫物語へようこそ(*゜▽゜)ノ
どうぞ、仲良くして下さい。


≪西武ライオンズ・車・ワンコ≫

≪西武ドーム・各地オフ会・
 ドックカフェ・ドックラン≫

かっちゃんと龍流と玲音と青空の5人暮らし。
日々平凡に幸せに暮らしています┏o ペコリ
西武のナカジ[3]が大好きです(*ノωノ)

かっちゃん   :姫の愛する人
龍流(りゅう) :ロンチー ♂
玲音(れおん):ロンチー ♂
青空(そら)  :M.ダックス ♂

うちのお子達

大人しくて気持ちの優しい長男

*script by KT*

やんちゃだけど、寂しがり屋の次男

*script by KT*

元気いっぱいで甘えん坊の三男

*script by KT*

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。